夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

2020(加)

2020.01.09

2020年。新しい年を迎えると自然と気持ちが引き締まるものだ。しかし、今年はより一層その気持ちが強く感じる。数字のキリの良さなのだろうか、オリンピックが開催される影響なのだろうか…「やっと2020年が来てくれたか」と待ちに待ったなという気持ちに溢れている。

 

そんな新年を迎え早3日目のこと。私は東京で歩道を塞ぐほどの混雑に遭遇した。

そう、「箱根駅伝」だ。

 

上空には中継ヘリが待機し、観衆は今か今かと背伸びをしたり、カメラスタンバイをしたりと大忙し。

その時、大歓声が耳に入ると同時に、瞬間的に目の前を通り過ぎた選手こそ今年2年ぶりの総合優勝を手にした青山学院大学の選手だった。

 

青学大といえば、昨年の駅伝の往路4区での出来事の記憶が刻み込まれている。

当時2年の岩見秀哉選手が低体温症を発症し、苦戦を強いられたのだ。

 

大会後、「走りたくない…」と一時はふさぎ込んだそうだが、原監督の「箱根の借りは箱根でしか返せない。1年間、逃げずに戦いなさい。やっぱり期待してるから」という言葉に応えるように、走って走って走りまくったそうだ。

「自分のせいで負けた」という重みを背負った彼はこの1年間、私たちの想像を遥かに超える苦しく辛い日々を送ってきたのだろう。

そしてその苦しみを乗り越えるには、ひたすらに走り続けるしかなかったのだろう。

その岩見選手は今年復路8区で走りぬき、思いを繋いだタスキを肩にかけたラスト10区の湯原慶吾選手が私の目の前を通り過ぎていった。



一瞬の出来事ではあったが、周りの歓声に包まれながら、自分たちが過ごしてきた1年を一歩一歩確かに踏んでいるように感じた。

 

「かっこいい」

ただこの言葉に尽きた。

 

『一日の計は朝にあり』

『一年の計は元旦にあり』

『一生の計は少壮の時にあり』

夢現塾生のみんな。あけましておめでとう。この1年はどう過ごしていくかはもう計画済みだろうか?いや、もう実行しているところだろうか?

1年なんて長すぎるから、そんなに計画通りにいかないよ!」と思ったそこの君。

ならば、まず朝起きてからその日どう生きるかを考えよう。計画しよう。毎日悔いなく過ごしていこう。それを繰り返すと気づけば充実した1年が過ごせるはずだ。

そして君たちが今正に過ごしている「若い時」を懸命に生きることは、今後の長い人生の柱になるはずだ。

たかが一日。たかが一年。

されど一日。されど一年。

必ずその積み重ねが一生に繋がっていく。

 

悔いのない、最高で最幸な2020年を過ごせるよう心から祈っています!

本年もよろしくお願いいたします。
戻る
カレンダー
2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.(x)