夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

誕生日(宮)

2021.01.25

夢現塾に入社し、かれこれ10年が経とうとしている。

この間に、今年のように誕生日の日に日報(ブログ)担当が何度か回ってきた。

1/25は、嵐の櫻井翔くんと同じ誕生日だということや、「中華まんの日」などをネタにしてきたが、もうネタ切れだ(笑)

そこで気になるニュースは・・・ということで、先週の1/21のこのニュースだ。

現役最年長50歳、序ノ口の華吹(はなかぜ)が櫻をはたき込み、4勝目(2敗)を挙げて4場所ぶりの勝ち越しを決めた。

 現役唯一、昭和の土俵を知る華吹は昭和、平成、令和と3元号を渡り戦ってきた。最高位は三段目。昨年5月28日に50歳となった。昨年7月場所では112年ぶり50歳台での勝利を挙げた。

 

僕より遥かに(というほどでもないな・・・)歳上の力士が、現役で相撲をとり、なおかつ勝ち越しをしたのだ。

記事の中の『昭和の土俵を知る』というのは、華吹の初土俵が1986年(昭和61年)の3月ということで、昭和~平成~令和を現役で過ごしたという意味だ。

一般的に、力士の選手生命(?)は個人差はあるものの他のアスリート(※力士はアスリートですヨ!!)よりはるかに短い。

20代前半で現役を引退、幕内力士ですらも30代前半に引退といったところだ。

そんな世界で50歳現役とは、いやはや、驚異の記録である。

「夢を諦めない」、「夢を持ち続ける」、これを言葉でいうのはたやすい。しかし現実は重く、辛くのしかかってくるものだ。

 

28歳のとき、最初の仕事を辞めた。

その理由の一つは、当時アマチュア格闘技の試合に出ており、「格闘技をもっと本気で練習したい!」というのがあったからだ。

豊橋から名古屋までの毎日の通勤と残業でクタクタになり、自分が満足するような練習ができず、試合に出ても一度も勝つことはできなかった。

だからこそ、1年・・・いや半年でも、思うような練習をしたらきっと勝てるはず!そう思っていた。

しかし、その後の約9ヶ月間に出場した2試合でも、1試合は判定負け、1試合はドローと、結局勝ち星を得ることはできなかった。

そして、僕は格闘技から距離を置くこととなった・・・。

 

一昨年、当時一緒に練習し、散々こてんぱんにしていた(笑)チームの後輩と再会した。

再会した彼は柔術紫帯で、指導者にまでなっていた。

今やただのメタボオヤジの僕も、彼の中ではいまだに「散々やられた強い先輩」らしい(^0^;)。

「もし続けていたら・・・」

いやいや、歴史に「もし」がないように、人生にも「もし」はない。

でも、続けることの難しさ、諦めない強さをこの華吹のニュースに感じた。

また続けることであんなに弱かった(失礼!)後輩も、紫帯にまでなれることを一昨年知った。

自分は今、何に頑張っていて、10年後には何を得ているのだろうか?

誕生日の今日、もう一度じっくり考えるきっかけとなった先週のニュースだった。

DSC_0863



 

※当時の写真です。

加納先生から「顔の余白が少ないですね」って言われました。

え?「余白」ってどういうこと!?(笑)

 

 

 
戻る
カレンダー
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.(x)