夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

高所平気症(渡)

2016.04.15

僕は完全なる「高所恐怖症」の持ち主である。遊園地最凶のアトラクションは観覧車であり、某テレビ番組で、女性タレントが絶壁を乗り越え世界の山々を制覇していく様子を見ると、寒気と震えが止まらなくなるほど『ビビリ』である。

高所恐怖症になった原因は、小学校5年生時の登山での経験がすべてであり、何気なく山頂の崖から下をのぞき込んだときに味わってしまった筆舌に尽くしがたい恐怖感が、今でも僕を縛り続けているのである。(写真参照:愛媛県にある石鎚山 標高1982m)

石鎚山

頂上のアップ(のぞき込んだのは左側の崖)

石鎚山

さて昨今、マンションから子どもが転落するという悲しい事故が後を絶たない。その背景にあるが「高所平気症」というものらしい。これは、いつも高い場所で生活している子供が高さの感覚に麻痺して恐怖を感じなくなる症状のことで、高層マンションの増加に伴い高所平気症になる子供が増加傾向にあるそうだ。

もともと子供は、自分の目で見える高さを基準にして「高い」という感覚を養っていく。ところが、あまりにも高い場所ではその高さを認識できず、「高い」という感覚がなくなってしまうそうだ。また、階段を使うことで感じる高い所まできたなという感覚が、エレベーターで瞬間移動することで鈍ってしまうらしい。その結果、高さに恐怖を感じない子どもが増え、ベランダなどの高い場所でも平気で遊べてしまい、事故につながってしまうというのだ。

経験する機会を失うことは大きな問題であるということを「高所平気症」が教えてくれている。学習塾の教師として、勉強を通して様々なことを経験し、学習し、成長していく子どもたちの姿を見るのは喜びである。夢現塾生には間違っても「勉強しなくても平気症」にならないでもらいたい。
戻る
カレンダー
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.(x)