夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

2B(渡)

2024.01.09

掃除の際に教室にごくたまに落ちている鉛筆。

そのときにふと気になるのがその芯の硬さ。

 

芯の硬さはやわらかい順に6B、5B、4B、3B、2B、B、HB、F、H、2H、3H、4H、5H、6H、7H、8H、9Hの17種類あるそうだ。やわらかい方が濃く、硬い方が薄い。Bはblack(黒い)、Hはhard(かたい)、Fはfirm(しっかりした)の頭文字とのことだ。Fの意味がピンとこないが、HとHBの間の硬さということらしい。

 

僕にとっての鉛筆の硬さの定番イメージはHBであったが、拾った鉛筆の多くが2Bである。

ある鉛筆メーカーの調べによると、売り上げの比率は1999年はHBが43%、2Bが22%、Bが21%だったのが、20年後の2019年には2Bが51%、HBが20%、Bが17%と首位が逆転したそうだ。HBの売り上げが落ちてきているらしい。

現在の学校推奨は2Bだそう。自分的には2Bだと字が濃くなりすぎて、書き間違えたときに消しにくく、消し跡が残るというイメージがあるが、鉛筆や消しゴムの進化でその心配も少ないそうだ。ちなみにボールペンの話になるが、濃いインクで書く方が『記憶力が上がる』という実験結果もあるらしい。濃い方が視覚的に頭に残りやすいからなのだろうか。

 

定番はHBといいながら小学生時代はF、中学生時代はH、高校生になると2Hを使用していたのだが、学生時代に年々暗記が苦手になっていったのは、鉛筆(シャーペン)の芯の濃さが薄くなっていったことが「多大」に影響していたのだろう・・・といい理由が見つかった。

 

愛知県公立高校入試のマークシートで使用する鉛筆やシャーペンの硬さはHB以上となっている。マークを薄く塗りつぶすのは厳禁だぞ!

戻る
カレンダー
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.(x)