夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

特権(古)

2023.01.19

NEW
多くの中学1年生が、この3学期に学習するであろう、ヘルマン・ヘッセの『少年の日の思い出』

私が中学生のときにも教科書に載っていた作品の一つだ。

これから迎える学年末テストの対策に向けて、教科書を開き、久しぶりにその全文を読むと、「ああ、そういえばこんな内容だったなあ」と懐かしい気持ちになった。

 

この『少年の日の思い出』のように、国語の授業で習ってから、いつまでも記憶に残る作品がいくつかある。

 

私の場合、小学校で習った『サラダでげんき』や『ごんぎつね』

それから、中学ではやはり『少年の日の思い出』が最初に思い出される。

他にも『おれはかまきり』や『星の花が降るころに』、『走れメロス』

高校では『こゝろ』と『山月記』、そして漢文の『完璧』という話も。

 

 

そして、記憶に残っているということは、記憶に残るきっかけがあったということで。

 

『サラダでげんき』だと、作中に出てくる「りっちゃんサラダ」が印象的である。

小学校1年生で習ったこの作品。私のクラスでは、そのサラダを調理実習で再現した記憶がある。

15年以上前の事なのに、自分でもよく覚えていたな、と思う(笑)

 

『少年の日の思い出』なら、エーミールという名前、

それから彼の「そうか、そうか、つまり君はそんなやつなんだな」というセリフが有名である。

題名を思い出せないことはあっても、この名前とセリフはどうも忘れる気配がない。

 

他の作品もそうだ。

完璧に内容を覚えているわけではないのだが、印象深い名前やセリフ、授業内容があったからこそ、私の記憶に残っている。

それはただ単に私が変なところだけ覚えているだけなのでは、と思うかもしれない。

でも不思議なことに、同じ教科書で勉強した人たちはみんな、だいたい同じ作品を印象的に覚えているのだ。

 

 

そういうわけで、卒業後に久しぶりに会ったり、大学で新たに知り合ったりした同世代の人たちとは、意外にも、国語の授業で習った作品の話で盛り上がることが多い。

「エーミール」という名前1つで、「うわ~懐かしい!!」と笑い合えるのである。

 

 

いくら同世代でも、全く同じ道を歩んできたわけではないからこそ、

どんな話にも「わかるわかる!」「知ってる知ってる!」と共感できるわけではない。

そんななかで、時間が経っても分かり合える話題となることができるのが、国語で出会う作品の知られざる“魅力”だと思う。

 

「どうせ将来役に立たない」と勉強から逃げようとする声もたまに耳にするが、共通の話題になるという意味で将来役に立つこともあるんだよ、とみんなには伝えたい。

 

 

国語に限らず他の教科でも、学校で勉強したことは、いつになっても共通の話題になり得る。

私も正直、これまで習ったことをすべて覚えているわけではない。

それでも、やけに長い歴史の用語だったり、語呂合わせで覚えた化学式だったり、音楽の教科書に載っていた歌だったり。

少し覚えているだけでも、それを分かり合える人と出会えたときの興奮は計り知れない。

 

そして、そういう話で盛り上がれるのはきっと、真面目に勉強を頑張った人の特権だと思う。

 

 

これからの人生にそんな楽しみを増やすためにも、2023年、気持ちを新たに勉強頑張っていこうね!

戻る
カレンダー
2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.(x)