夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

記録と記憶(渡)

2022.09.30

自分が授業で使うテキストにはメモ書きが残されている。授業で使えるネタや問題、その場で行った計算の痕跡、次回テストの範囲ページ、来年の授業への布石のための生徒が苦戦した問題チェックなど。テキストの空欄のところどころに残されている。

限られているスペースへのちょっとしたメモ書きであり、その場で対応できればいいという目的のものが多いため、ほとんどがざっくりと書かれているが、1年後にそのページを開いたときでも、だいたいは何のメモかは記憶に残っている。

ごくまれに何のメモか瞬時に思い出せないものがある。こういうときは焦ると思うかもしれないが、どちらかといえば楽しい時間の始まりである。だいたい雑なメモほど重要度が低いはずで、それを1年越しに思い出せるかという記憶力チャレンジの開始だからである。そして思い出したときに、やはり重要度の低さに心の中で苦笑いというパターンである。

(残されていたどうでもいいメモの例…ピザ・マグロ・キッチン・好き)

 

しかしである。残すメモには重要度が高いものも当然あり、その場合は思い出せないメモでは意味がない。せっかく記録したのであれば、記憶としてよみがえさせることができる工夫が必要だ。

これはテスト勉強でもそう。何でもかんでも赤ペンや蛍光ペンを使って線を引いたり、付箋を貼ったりするだけでは記憶につながらない。せっかくそのような工夫をするのであれば、それをどう記憶につなげていくかだ。例えば1度テストしてできなかった英単語にだけ蛍光ペンで線を引く。1回目に解けなかった問題は赤で番号に〇をつけ、2回目でも解けなかった問題は青で〇をつける。1週間後にやり直しをすると決めたページに付箋を貼る。そんな自分なりの工夫で記録していけば、いつ何を勉強するべきかの優先順位もつけることができ、より記憶に残る取り組みができるだろう。

 

縄文時代や弥生時代の日本には、文字という記録する手段がなかったために今でも未知の部分が多い。土偶や銅鐸を何に使ったかの記録は残っていないのだ。平安時代の初期(800年ごろ)に三河地方で銅鐸が発見されたとき、「謎の銅器」が出土して都に送ったという記録が残っている。そう、平安時代の人たちにも、記録されていない弥生時代の銅鐸の記憶は残っていなかったのだ。

記憶に残すために、思い出すために、次につなげるために。

戻る
カレンダー
2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.(x)