夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

気持ち悪い数字(古)

2022.07.11

他人には理解されがたい…、理解されなくていい…、理解してほしくない…、そんな趣味や考え方の一つや二つ、みなさんにはあるだろうか。私がこれまでに友人に話して全く理解してもらえなかったのは、「気持ち悪い数字」という感覚である。

こんなことを言うと、数字に強いと思われることも多いのだが、それとこれとはまた別の話で…。先日は、お会計でキリのいいお釣りをもらおうとしたが、サッと計算ができずに余計な小銭を出して、恥ずかしいことに出した10円玉を清算前に返されてしまった。(笑)

そういうわけで、別に暗算が得意とか計算が速いとか、ではなくて、ただ一つ一つの数字に対して、気持ち悪いかどうかの判断があるのだ。

 

身近な例でいうと、テレビの音量は5の倍数じゃないと気持ち悪い。家族の誰かが微調節して、28や32に設定していたらすぐに30にする。

何かをまとめて買うときの個数は、偶数がいい。でも、6はなんか気持ち悪い。2か4か8がいい。

 

そして、最も心休む暇もなく数字と向き合う場面が、車に乗っているときである。前を走る車や、すれ違う車、どの車にもナンバープレートがついているので、これはもう見るしかない。自分で説明しておきながら、なんてしょうもない癖なんだと思う。

 

ただ車のナンバーに関しては、理論上[・・・1]から[9999]までの9999種類あるということもあって、テレビの音量やまとめ買いの個数のように、私自身規則性を見つけられていない。ただ、パッと見で気持ち悪いか気持ち悪くないかのどちらかに分かれる。

 

例えば、[1243]は大丈夫だけど、[2533]は気持ち悪いなんて、誰かに話しても分かってもらえないし、私も正直なぜこんな風に感じるのかよくわからない。

 

ただ、何にせよ、人の考え方や感じ方は本当に多種多様で、またその表現方法も人によって違い、その表現の受け取り方も人によって違う。別に私はこの感じ方を理解してくれとは思わない。けれど、否定はしてほしくないなと思う。

 

どんな人とかかわるときも、どんな話をするときも、「え、意味わかんない」って否定で終わらせるのではなくて、「私にはわからないけど、そういう考え方もあるのね」って認めて、共感して、一歩だけでも歩み寄ることで、人として成長できるはず。

 

(ちなみに、数字の話をしたのがキッカケで、車の中で話題がなくなると「前の車のナンバーはどう?」と逆に話題に使ってくれる友人もいるので、意外とこういう話を誰かに話すのもありだな、と思う。)

戻る
カレンダー
2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.(x)