夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

完璧(渡)

2022.01.21

『成積が上がりますように』

七夕の短冊や絵馬に書かれてあるのを見ると心が痛む。成は上がっても成は上がらない。いや存在しない。これは他人に指摘されると赤面級の恥をかくので、塾生には「成績の漢字を間違えるようでは成績は上がらないぞ!」と機会があるごとに注意喚起を行っている。

 

『俺は完壁(かんぺき)な人間だ!』

かっこいいセリフに見えるが、これも実は赤面もの。完ではなく完が正しい。これを書き間違えた時点で完璧ではなくなるので、卒業文集など一生残るもので「完璧」を使う場合は特に気をつけて欲しい。

 

壁も璧も同じ「ヘキ」と読む漢字で、下の部分が「土」と「玉」とほんの少しの違いである。しかし、「壁(かべ)」ではダメなのだ。璧というのは中央に穴を開けて円盤状に磨き上げた宝玉のことで、完璧の語源は次のような故事からである。

昔、中国の戦国時代(今から2000年以上前)、趙という国の王が、和氏の璧(かしのへき)という名品を手に入れた。これを聞きつけた強国の秦という国の王がこの璧を欲しがり、15の城(街)と交換したいと趙の王に持ちかけた。ただしこれは脅しのようなもので、秦に璧を持っていっても実際に璧と城とを交換できる保証もなく、璧だけが奪われる可能性が高く、話を断れば秦に兵を出されて趙が攻められるという、趙の国にとっては難題をつきつけられた格好である。

その際に秦を相手に交渉役を買って出たのが藺相如(りんしょうじょ)という人物で、「完璧帰趙(璧を無事に趙に持って帰る)」と宣言し、彼は宣言通り秦に持っていった璧を命がけで守り、傷1つつけることなく趙に持ち帰ることに成功した。

これが完璧の由来である。壁(かべ)ではダメな理由が分かっただろう。熟語の漢字1つ1つの意味や語源を知れば、漢字の間違いも確実に減っていく。

 

さあ、小学生は夢現塾名物の「漢地獄」(漢字テスト)が待っている。完璧を目指して頑張ろう!

 

↓日本で出土した中国の璧

戻る
カレンダー
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.(x)