夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

ask us anytime(安)

2021.04.17

“役に立つ、立たない、意味がある、ないは二の次だ。自分に必要な情報の取捨選択は、情報の蓄積があってこそ。”

 

これは先日の渡辺先生のブログの言葉。

 

これにものすごく共感した。

僕は「テストに出るから」「将来役に立つから」だけを理由に勉強するのには、違和感がある。

というより、この仕事を始めてからこう強く思うようになった。

 

  • 「goの過去形がgoedではなく、wentになる理由は!?」

  • 「“映画を見る“の見るはsee?watch?」

  • 「食べるを意味するhaveとeatの違いは!?」

  • 「aとanの違いは頭文字を見るだけではない!?」

  • 「yはとある2つのアルファベットをくっつけたもの!?」


 

これらはテストの問題には問われないが、知っていると英語の理解は確実に深まる。

それに、これまでよくわからず覚えた無機質なルールを根本から理解する手助けになる。

 

気になったことを解決する。

 

これによって勉強が少しばかり、ほんとにちょっとかもしれないが楽しくなる。

僕は真剣にこう考えている。

 

だから、生徒が躓きそうな、気になりそうなところはその前に説明する。

 

ただ、僕も知らない、気にしないところを質問されたことはこれまで数回あった。柔軟な子供ならではの視点で気になることがあるようだ。もちろんその場合はちゃんと調べて教えてきた。

 

それはこれからも変わらない。

 

だから、教えていないことで気になったことがあったらいつでも質問に来てもらいたい。

根本理解をするために。

 

“NO ONE TOLD ME.”(誰も教えてくれなかった。)” と分からないものをそのままにしておくのではなく、分かるに変えていってもらいたい。

 

“EVERYONE TELLS YOU.”(僕たちはみんな、おしえるよ。)この準備はできている!

 

“ANYTIME”(いつでも)



p.s.

この3つの英文でも気になったことはないかな?

例えば、”everyone”は「みんな」って意味なのに、tellにsをつける理由とか。

 

あとは、なんで全部大文字なの!?とか。

ちなみに、それは英語に関して深い意味はないけど、強調したかっただけです。(笑)
戻る
カレンダー
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.(x)