夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

いってしまったvol.1(安)

2017.05.30

「北陸まで自転車で行ってくる!」

目的は、「岡崎自慢の八丁味噌」「最高のお米」で作る*ベストハッピーセットを求めて。*(以前の日報をご参照ください。)

というわけで、ほぼほぼ新品同様のロードバイクで、最高の味噌を求めて、まずは市内の八丁味噌の蔵見学へ!

駐輪場をまず探したが、見当たらない。見えるのは大型の観光バスと外の休憩所に集まる人たち。

多くの人に休憩所から見守られながら駐輪場を探すが、見当たらない。というより、ないのではないのか。まず味噌の蔵見学に自転車で行く人はいるのだろうか。岡崎市民の多くは小学校時代に蔵見学をすると聞いたが、集団の自転車で訪れたわけではないだろう。お店の人も「え?自転車?!」という顔を隠しきれてなかった(笑)

許可をいただいて看板の下にくくりつけヘルメットを手にし、見学の予約をしにお店の中に入ると目に入ってきたのが「最終」の文字。まだ見学ができただけよかったが、見学まで1時間近くあった。お土産のブースを見て回ったが、バッグにものを入れる余裕はお米と味噌を入れる以外全くなかった。

外に出てみると、アイスクリームの看板が見えた。そんなにお腹が減っていたわけでも、そこまで暑かったわけでもなかったが味噌味のソフトクリームを購入。個人的な感想にはなるが、not bad というところか。

待ち時間には慣れたもので、ふらふら歩いているとあっという間に時間になった。

蔵の見学は予想よりずっと興味深いものだった。

迫力満点のどでかい樽がたくさんあり、その一つには約6トンの味噌が入っているそうだ。

これをすべて一人で食べきるためには約800年もかかる量だという。800年分の白米はどのくらいいるのだろうか。笑 見学の最後に味噌汁と手のひらサイズの八丁味噌をいただき終了となった。

蔵見学 自転車

4時ごろ蔵見学が終わり、この写真を撮ってもらった。この後、引き続き自転車で名古屋に向かったが、ゴールするまで笑顔の写真をフォルダに収めることはできなかった…(笑)

to be continued!!
戻る
カレンダー
2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.(x)