夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

溶けるほど抱きしめたい(加)

2017.01.19

その日、

外との境のそれほど長くない夢現塾の入り口を抜けると(ちょっとだけ)雪国であった。

はらはらと頭上に雪が降りかかる。そして時折吹きつける、刺すような冷たい風。

 

今日はさすがに凍結の可能性もある。早めに帰宅した方がよさそうだ…。

少し小走りで、白く染まった車に駆け寄ったその時。

 

「あ」

 

思わず、声が出てしまった。

 

それもそのはずだ。

私の愛車が、雪だるまの巣窟になっていたのだから。

 

ルーフにも。

ルーフ 

ボンネットはもちろん。

ボンネット 

ドアミラーにまで侵攻。

ドアミラー 

おそるべし雪だるまたち。

 

しかし、かなり寒さを我慢して作られたであろうこの雪だるまたち。丸めるのに、どれだけ手が冷たくなったことだろうか…

それを物語るように、雪だるまのクオリティは、高いとは言えない()

いや、そもそも雪だるまではなく、カッパドキア(トルコにある世界遺産)をイメージしたものなのかもしれない。

 カッパドギア

そんなことを考えながら、ポケットから携帯電話を取り出し、雪だるま…いや、カッパドキアもどきを、データフォルダに収めた。

 

一生懸命机と向き合う、真剣な夢現塾生も大好きだが、こういうことをしてしまう、お茶目な夢現塾生も愛らしくて大好きだ。

 

私はその後、雪だるまを乗せた状態のまま、自宅目指して夜の町を走った。

信号待ちで隣の人の視線を感じる気がする。

 

(なぜあの車は雪だるまがたくさん乗っているんだ?)

 

そんな心の声が聞こえてくるようだった。

 

そんなことよりも… なぜだろうこの雪だるまたち。時速60kmまで加速しても、1つも落ちないのだ。

結局、40分間の運転に耐え、自宅まで付いてきてしまった()

 

車から降り、雪だるまたちをもう一度目に焼き付けた。

朝になったらもう君たちはいないのだから。

寒空の下、雪だるまとの別れを惜しんでいる自分がいたのだった()

 

勉強にも雪だるまづくりにも本気の夢現塾生。外は寒いが、心はほっこりした夜であった。

 
戻る
カレンダー
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.(x)