夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

単位(渡)

2021.06.02

NEW
一、十、百、千、万、億、兆、京(けい)、垓(がい)・・・那由他(なゆた)、不可思議、無量大数

 

数の単位を最後まで覚えている生徒もいるだろう。

ただ、実際に耳にする単位はせいぜい「兆」までであり、最近たまに「京」も聞くようにはなったが、『スーパーコンピューターが1秒間に○京回の計算ができる!』と言われてもピンと来ないのが実情だろう。

 

実際、パソコンのWordで次の単位「垓」を出すために「がい」と打ち込んで変換しても、候補に挙がるのは「害」「外」「涯」「街」「ガイ」「概」・・・とお目当てのものは出ず、しまいには「GUY」と変換される始末である。それほど利用頻度が少ないということだ。

 

かといって「兆」の単位に親近感がわくかといえば、もちろんわかない。国の予算が100兆円を超えたと聞いても、以前に比べてかなり増えたなという印象ぐらいしか残らない。ビルゲイツの資産が14兆円と聞いても、東京スカイツリーが庭に215本建てられると無意味なたとえを考えてしまう。

 

そんなあまり身近にない「兆」の単位が、今アメリカで話題になっている。以前の日報にちらっと書いたのだが、北米で17年周期の「素数ゼミ」の羽化が今年始まったようだ。17年間地下にいた大量のセミの幼虫が次々に地上に現れている。5月中旬から現れたその数は6月にかけて数十億匹~数兆匹と予想されている。大量発生によって鳥などの外敵が食べても食べても減らない。一斉に鳴きまくり、一斉に死ぬ。はかない一生だが種の保存のための策略だそうだ。

 

仮に1兆匹として、日本の人口約1億2600万で割れば、1人当たりのセミの数は約8000匹。半分が鳴くオスとして自分のまわりに4000匹のセミの大合唱となると・・・。身近じゃなくて良かった気がする。

 

強引な流れだが、「身近」にせまってきた期末テスト。中間テストの結果、問題、そして勉強の取り組み方を見直して、期末テストにつなげていこう!良い結果の大量発生は大歓迎だ!

戻る
カレンダー
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.(x)