夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

母 (高)

2020.02.25

2年ほど前、日報で父のことを書いたので、本日は母のことを書こうと思う。

父 (高)


 

僕は子どもの頃、勉強も運動も秀でた部分のない目立たない子であった。
これは謙遜で言っているのではない。最近実家で小学生と中学生の頃の通知表を見たので、「イマイチだった」と自信を持って言える(苦笑)。
今も昔も変わらないが、勉強や運動が得意でない子は、褒められる機会は非常に少ない。
しかし母はそんな僕の小さな成功を見つけては、たくさん褒めてくれた。
もちろん、数えきれない程たくさん叱られもした…(苦笑)。
けれど記憶に残っているのは、褒められたことの方である。
「いいことしたね。」
「良かったね。」
「頑張ったね。」
褒められることが嬉しかった。自信にもなった。
そして褒められることよりも、母親が喜んでいる笑顔を見ることが嬉しかった。

そんなこともあってか高校生になってからは、どうすれば他人が喜んでくれるかを基準に考えるようになった。
大人になった今、それをさらに考えるようになった。
塾生は喜んでくれるか、保護者は喜んでくれるか、仲間は喜んでくれるか、家族は喜んでくれるか…。
僕の人生に何かしらのテーマをあえてつけるのであれば、僕の人生は“周りの笑顔を見る為にある”と言えるかもしれない。

僕は人柄というものは、生まれついての“先天性のもの”ではなく、生きながら身についてくる“後天性のもの”であると考えている。
環境や教育、そして誰かの影響を取り入れながら、人格が形成されていくのだと思う。
僕の人格形成における母の存在は大きいと感じている(誠に手前味噌の話であり恐縮ではあるが…)。

大人になった僕は、塾生と話す時にたくさん褒めるようにしている。
子どもの頃の母のように、今度は僕が子ども達に自信をつけさせてやりたい。
僕にとって、母は僕の『憧れ』だ。

仕事に関する心構えを、父親から影響を受けた。
人に接する心構えを、母親から影響を受けた。

もしも僕によって、誰かが何かしらの影響を受けてくれたのならば幸いである。

そう、昔の僕が褒められる為に頑張っていた“素敵な大人”のように…。

戻る
カレンダー
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.(x)