夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

どん(宮)

2020.12.05

世の中には数々の「どんぶり」(〇〇丼)がある。

牛丼、うな丼、天丼、海鮮丼、親子丼・・・う~ん、数えだしたらきりがない。

夢現塾生諸君が最も愛する「どんぶり」は何だろうか?

僕が最も愛するどんぶり・・・そう、それは「カツ丼」である!

明治の文明開化とともに産声をあげた「カツレツ」が「とんかつ」へと進化し、さらに日本の出汁(だし)と出会い、融合・・・その結果うまれた「カツ丼」。

この出会いは、もはや宇宙の誕生か、はたまた生命の誕生に等しい「奇跡」ともいうべきものである。

我が家は朝食からカツ丼だよ、そんな話をした3週間前の岡崎本校中3生。

最前列のOくんが、真顔で僕に質問をする。

Oくん:「先生、カツ丼ってなんですか?」

宮:「!?しょ・・・正気か?(笑)」

Oくん:「ご飯にとんかつがのってるんですか?それって美味しいんですか?」

一体これはどういうことなのだろうか・・・?

瞬時の間に、僕の脳内では様々な可能性を模索しはじめる。

①単にふざけている。

②「カツ丼」という名前で認識していない。

③本当に知らない、食べたことがない。

宮:「だから・・・親子丼みたいに卵でとんかつをとじて、ご飯にのせたどんぶりだよ・・・。ホントに食べたことないの?」

Oくん:「はい。食べたことないです・・・。」

こんなことがあるのだろうか!?

聞くと牛丼、親子丼、うな丼は当然食べたことがあるが、カツ丼は知らないし、食べたことがないとのことだ。

宮:「え~、まさか他にカツ丼を知らない人なんていないよね?」

遠慮がちにAさんが手を挙げる。

宮:「!?ホントに?」

Aさん:「はい、食べたことないです。しかも私、肉も魚もキライ食べられないんです。」

宮:「一体なに食って生きてるんだよ!?信じられないよ・・・。」

そう、全くもって信じられない。

肉と魚が主食で生きている僕にとって、「肉がキライ」も信じられない言葉だ。

いや、まあ世の中ヴェジタリアンの人も多いので、それはまあ理解しよう。

そんなことよりも「カツ丼」である。

まずなにより、『カツ丼を知らない15歳』がいることに驚いた。

だって・・・「カツドンマン」(左)はみんな知ってるでしょ?

僕らと違って、子どもの頃からアンパンマン必ず見てるはずなのになぁ~(笑)



ちなみに左から、「カツドンマン」、「てんどんまん」、「かまめしどん」です。

 

 

 
戻る
カレンダー
2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.(x)