夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

まだまだ(岡)

2020.11.30

 

ある日の出来事である。

 

その日は小5生の算数の授業があった。

私は、平行四辺形の面積の求め方について教えていたのである。

ご存じの通り、平行四辺形の面積の公式は「底辺×高さ」である。

私は生徒たちに説明するため、黒板に平行四辺形を書いた。

 

「ここが底辺になるよ。そしてここが高さだね~。」

 

ワークの記載に倣い、私は黒板の平行四辺形に『点線』で高さを書きこんだ。

そのとき、一人の女子生徒が私に話しかけてきた。

 

「先生!先生は、チョークでビー―――って点線書くやつできないの?」

と。

 

チョークでビー――― ………

すぐに何のことかわかった。

 

チョークを斜めにもち、うまい角度で滑らすと細かく点線を「ダダダダダダ」と書くことができるのだ。

生徒の言いたいことは分かったが、わたしはそれをやったことがない。

 

「ん?チョークでビー―ってやつ?こうかな?」

黒板で実演してみるも、みごとに書けるのは直線だけ。

生徒の笑い声が響き渡る。

「先生できないの~~~??(笑)」という悲しいヤジが飛ぶ(笑)

 

 

岡: 「ほかの先生はできるの?」

生徒たち: 「もちろん!!!」

岡: 「渡辺先生は数学の先生だからもちろん上手そうだよね!廣瀧先生は?」

生徒たち: 「廣瀧先生もめっちゃうまいよ!!!」

岡: 「ほんと?じゃあ目黒先生は??英語で点線使わないからきっとできないんじゃない?」

生徒たち: 「いや目黒先生もちょーーーーうまかったよ!!!」

岡: 「えーーーみたの~?」

生徒たち: 「みたよ!!!いっつも書いてる!!」

 

もはや本当かどうかはさておき、岡田先生の情けない点線をいじりたいようだ。

 

「先生~私の方が得意だよ見てて!」

という生徒。

「教えてあげる!!!」とコツを伝えてくれる生徒。



コツをつかめば簡単(らしい)のだが…

 

プロ教師への道はまだまだ厳しいようだ。(笑)

 
戻る
カレンダー
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.(x)