夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

アオハル(加)

2017.04.18

【休み】この響きにワクワクする人が、世界にはどのぐらいいるのだろうか。

 

小学生たちは、かなりの率で【休み】が来るのを楽しみに待っている。

例えば、ゴールデンウィークや、夏、冬、春休みだろうか

長期休日は、小学生にとって負担が大きい「とにかく多い宿題」も待っているはずだが、彼らにとっては「多い宿題<自由」のようだ。

 

が、一方。

中学生たちは、かなりの率で【休み】に対する「嬉しい」という感情が欠乏している。

 

理由は想像がつくだろう。

連日の

部活

部活

部活。

何度でも言おう。部活。

 

三度の飯より部活

休みなんてないじゃないか、部活だもの。

かわいい子には部活をさせよ。

少年よ、部活に行け。

「なぜ部活に行くのですか?」「そこに部活があるから。」

 

と、まあこんな具合に、【休み】の存在をあまり感じず、常に部活と共に生きているのだ。

部活によっては、ブラック部活ホワイト部活もあるそう。

「僕の部活は、ブラック偏差値73です。」

と、中には苦しみを隠せない学生の姿も

 

さらに、この部活に、大量の宿題という負荷が追加される。

 

というわけで、

「もうすぐゴールデンウィーク!」と言っても中学生のほとんどは、顔をしかめるのだ。

 

学生の時は私も部活に明け暮れていた。

それこそ【休み】なんて「お盆の3日」「大晦日、正月三が日」ぐらいの記憶しかない。

土日も長期休日も毎日お弁当を持って部活に行き、平日は学校と部活とピアノ教室、習字教室。

 

自分で言うのもなんだが、

「よくやってたな」と心から思ってしまう。

が、しかし、ふと思い返すと、不思議なことに「本当に嫌だったな」という気持ちが見当たらないのだ。

 

「あの大会の舞台に立った瞬間が忘れられない」

「あの賞を取った時、初めて嬉し泣きしたな」

 

蘇ることは、その瞬間その瞬間の、輝いていたことだ。

部活でしか、学生でしか、経験できない、輝いていた瞬間のことだ。

まさにこれが「青春」なのだろう。

 

人生で一番輝いている「青春」と呼ばれる時代。今まさに君たちは、その真っ只中にいる。

どんなに辛くても、どんなに投げ出したくても、それ以上の感動の瞬間にいくつも遭遇することだろう。

 

「今、その瞬間」を大切に。

でも「今、その授業や宿題やテスト」も大切に。()

AK_5605-2
戻る
カレンダー
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.(x)