夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

入試予想(目)

2017.03.10

今年度の愛知県公立高校入試、全日程が終了した。あれだけ混雑していた自習室は、ガラガラである。人気のない静かな時間が流れていく。嬉しいような、寂しいような、妙な気分だ。

この1週間は、1年間の中で最も忙しかったといっても過言ではない。入試激励授業プリントの準備、Aグループの予想問題作成、自己採点結果の回収と入力など。だが、振り返ると、数か月前から頭の中は入試のことでいっぱいだった。どの教師も同じだったことだろう。特に今年は、110点満点になる初めての年で、これまでのような、どの問題も1点という扱いではなく、2点問題が存在するのだ。そして、ここ数年毎年のように英語の難易度が上がっていることを考えると、今年は果たしてどこまで難しくなるのだろうか?と、自問自答する日々を過ごしてきた。しかしながら、今回の英語入試に関しては、正直拍子抜けした。思っていたよりもずっと簡単だったからだ。特にリスニング問題は、ここ数年「速すぎる!」と、かつての受験生たちが大騒ぎしていたため、授業内で、リスニングの解き方のコツを伝えるのはもちろん、全てが聞き取れなくても解答できる方法を考え抜いてきた。CD教材も配布し、「ちゃんと聞いているか?」「やっているか?」「勉強と勉強の隙間の気分転換にリスニングやるんだぞ(笑)」なんて、何度も何度も口にする日々だった。既に発表されていた愛知県の新傾向見本リスニング問題には、「否定疑問文(Don’t you ~?)」の形式が出ており、答える際には「YesとNo」の意味が逆になることを考慮しなければならない。これも含めて、最後の最後のチェックまでも怠らなかった。ところが…「超簡単だった~!」「ものすごくゆっくりだった!!」の声ばかり。結果往来だが、とことん追求してきた身としては、生徒にもその手ごたえを味わってほしかった(笑)来年も、この形式で、この難易度で行くのだろうか、早くも来年度のことが気になり始めた。

長文問題はずいぶんと長くなり、習っていない英単語の意味を前後の内容から推測しなくてはならない。内容はわかりやすいものだったので、把握は出来ただろう。

そして、なんといっても今年度からの「2点問題・意見文英作」だ。これも、先に公開されていた見本問題によると、例えば、「若者にはスマートフォンの販売を禁止すべきだ」に対して、賛成又は反対の立場で、自分の考えを2文以上で書きなさい…という形式だ。同程度の学力状況の生徒が集う高校受験において、当然ながら「2点」は大きい。絶対に、何とか得点させてやりたいと考えてきた。基本文習得の徹底とともに練習してきたが、案の定、苦戦していた。英語の苦手な生徒は、冠詞・複数形・時制・接続詞など、何らかの間違いがある。得意な生徒は生徒で、逆に凄い英語を書こうとしてやりすぎてしまう。3文目までは合っていても、4文目にミスをするなど、もったいないことをする。また、主張はちゃんとしていても、どうも説得力に欠けるなど、問題山積である。確実に得点するために、何とかならないだろうか。とにかく「ミスのない英文作成」の指導に努めてきた。そんな中で、企業秘密の内容なので(笑)、ここでは書けないが、絶対にマルをもらうための英作文必殺技を思いついてしまった!!生徒たちに入試直前に伝えたところ、大きな拍手が起こった (笑)。入試前日もその前日も、この方法での書き方をプリントで説明しながら伝えた。その例文が「給食」に関してのものだ。そして、実際の入試形式は思ったよりも簡単だったので、必殺技は使えなかったが、出題されたテーマは、なんと「給食」!!

キターーーーーーーーーーー!!!!!!!

ちなみに入試直前の最終激励授業では「Why don’t you~?」も「How many 複数形」も「It ~ for 人 to 動詞の原形」もやっていたので、5点分獲得だ!!

いろいろな塾が「的中」と言って、「(半年も前の)夏期講座のテキストから出ました!」って言うけど、見る人が見たら、当たり前のことばかりだ。「そんなの教えないはずがないでしょ!」と強く言いたい(笑)!我々は、入試予想屋ではないが、一緒に戦ってきた生徒たちへの最後のプレゼントとして、最高のものを届けたい。その研究心・探求心を全教師が胸に秘めて臨んだ愛知県公立高校入試、後は、吉報を待つのみだ。

追伸

A日程の意見文英作は、残念ながら的中しなかった。悔しい。ただ、それほど難しくなかったから、塾生は書けたみたいで安心した。A日程の前日プリント「so~that S V」「動名詞が主語になる長い文の並び替え問題」など、差を付けられる問題は、バッチリ出たね。

受験生のみんな、本当にお疲れさま!!我慢してきた「やりたかったこと」をやろう!!!大いに、大いに遊べ!!!

 

eigoH29b
戻る
カレンダー
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.(x)