夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

VR元年(宮)

2016.10.22

VR(ヴァーチャル・リアリティ)という言葉を最近よく耳にする。 『プレイステーションVR』も先日発売され、生徒の中には「今年のクリスマスプレゼントで貰う!」と羨ましいことを言っている子もいる。

また、あの『サ〇エさん』でさえもすでに体験済みのようだ。

非常に気になるものの僕自身はまだ未体験のこのVR、日本語では『仮想現実』と訳される。 では、VR(仮想現実)の対義語は?

てっきり僕は「リアル」(現実)だと思っていたが、昨今のアメリカでは『フィジカル』(肉体の)というそうだ。つまり、見る・聞く・触る・味わう・嗅ぐというすべての「五感」による体験という意味だ。

目と耳だけのVRでなく、五感すべてで、「肉体」で感じるという意味での「フィジカル」。

なるほど、上手いこと言うなと感心する。

家庭用TVが大型化し、ブルーレイや4Kテレビと、どれだけ映像コンテンツが発達してもやはり「本物」には敵わない。そこに登場したのがこのVRだが、近い将来、学校に行かなくてもヘッドディスプレイをつけて家で授業を受ける時代も来るのだろうか?

なかなか興味深い反面、そんなのでいいのか?と少し怖ささえ感じる。

 

でも見る・聞く・触る・味わう・嗅ぐはやっぱり「本物」の「現実」が良い。

その証拠に、一昔前に比べCDが売れない昨今、コンサートなどのいわゆる「LIVE」(生演奏)はその市場規模を拡大しているそうだ。コンサートではCDにはない「生」ならではのアレンジや、アーティストのミスさえもその魅力の一つ。

やはり、ミスのない完璧な演奏が聴けるCDよりも、何が起こるか分からない「LIVE」の方が魅力的なのは言うまでもない。コンサート会場の熱気もVRでは伝わらないだろうし、大音量の空気の震えもヘッドフォンからは感じられない。あくまで目と耳の2つの感覚しか満足させられない。そういう意味でもVRが発達すればするほど、「LIVE」の価値が高まるのではないだろうか?

 

いつかそのうち『VR夢現塾』になるのかって?

いやいや、夢現塾はいつだって黒板で「LIVE」(生)授業だよ!(笑)みんなの五感を震わす授業ができるよう教師一同頑張ります!!

occulus
戻る
カレンダー
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.(x)