夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

Sometimes we need specific knowledge.(安)

2023.07.12

英語の勉強をしていて、疑問に思うが、解決しなかったことがたくさんあった。

 

前回の僕のブログ(6/29)で、勉強には「つまらない」と「おもしろい」の二面性が存在するという内容について書いた。それに関連するので、興味があればそちらも見てもらえるととてもうれしい。

 

話を戻して、英語の疑問についてだ。

 

中学1年生で習う「3単現のs」

 

主語が3人称で単数、文が現在形であれば動詞にsをつけるというルールだ。本題はここからだ。基本的にはsをつけるが、esやiesになったりもする。

 

『なぜsをつけるだけではダメなんだ…』

 

他にも名詞が単数の場合aもしくはanをつける。

 

『なんでaとanの2パターンもあるんだ。どちらか1つではダメなのか?というより、単数なら全部oneで統一ではダメなのか?』

 

また名詞の種類によってはaもanもつけない。

 

『つけなくてもいい場合があるのなら、もう全部つけなくてもいいんじゃないのか?!』

 

そして名詞が複数になるとaやanではなくsをつけなければならない。

 

『またs???』

 

ただし、このsはesになったり、iesになったりもする。

 

『まただ。なぜsをつけるだけではダメなんだ…』

 

また、単数や複数に関わらずtheをつけることもある。

 

『theって何者???????』

 

これは中学で覚えなければいけないルールの一部と僕が中学時代に感じた疑問だ。僕の感じた疑問は、これを読んでいる英語学習者の多くにきっと共感してもらえると思う。

 

英語のルールにケチをつけるのはナンセンスだが、「s以外にesやiesになる」といったイレギュラーには疑問をもっていいと思う。

 

そういった疑問や違和感をそのままにしておくことが、英語嫌いを助長する原因の一つになると僕は思う。だから、「なぜルールにイレギュラーがあるのか?」を解決していくことは英語の勉強の過程に取り入れるべきだと強く思う。もちろん英語が言語であるから、全て解決すると言うと嘘になる。ただ、多くのイレギュラーには理由がある。

 

これもそうだ。

 

動詞のgoは過去形になるとwentになる。makeはmade、meetはmet、haveはhad、seeはsaw。他の動詞はある程度原形が残っているが、goだけは原形のかけらもない。

 

これにも理由はちゃんとある。イレギュラーの理由を知り納得ができれば、英語が「つまらない」から「おもしろい」に変化していく。決して近道ではないが、確実に身についていく。それは、これまで僕が教えてきた生徒たちが証明してくれている。正直、イレギュラーという名の例外についての理由はテストでは一切問われない。だけれども、無機質なルールに理解と納得が加わることで勉強は間違いなくおもしろくなる。だから、可能な限り授業内で話してきたし、これからも継続していく。

 

生徒たちが疑問に思う箇所、納得しづらいポイント、それらを先読みして解決していく。

 

今年も夢現塾の夏期講座で、「つまらない」を「おもしろい」に昇華させていきたい。
戻る
カレンダー
2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.(x)