夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

本当の最後(加)

2018.12.14

2週間と3日。
2018年の火はもう消えかかっている。

しかし、一日一日は待ってもくれず、そそくさと「今年最後」が次から次へと終わっていく。
今年最後の通常授業。
今年最後の特訓テスト。
今年最後の作文の宿題。
そして、今年最後の私の日報。

「最後」というマジックワードは、普段と変わらないどんな言葉でも、どこか「重大」な言葉へ変えてしまう。

例外にも「平成最後」という言葉に関しては、今年一年間で横行しすぎたため、正直特別感など微塵も感じなくなってしまったが…

この時期になると、授業内でも「最後」というワードが自然と口から飛び出してしまうのだが、頭では「また来年もあるじゃない。」ともう次回の事を同時に考えてしまう自分がいる。それは生徒たちも同じなのかもしれない。

しかし、中3は違うのだ。
中3にとって「最後」は、本当の最後、つまり「人生最後」をあらわすものが出てくる。

今週火曜。幸田校中3にとってはまさに、「人生最後」の特訓テスト(理・社)が終わった。特訓テストは夢現塾でしかやらない。今後、一生この特訓テストを受けることは、彼らにとってはない。
大げさなのかもしれないが、「今年最後」なのではない。次なんてない。
「人生最後」なのだ。

小6の時からずっと見ている大切な生徒たち。
毎週ある特訓テストに一生懸命向き合う姿が頭をよぎる。
テスト前に友達と問題を出し合う姿、テキストをひたすら睨む姿、テキストを握りしめた状態で車から降りる姿。
何気ない光景も、彼らに「次」はないのだ。

中には、何度もテストに落ちた子や、たまにサボってしまい、珍しく落ちた子もいる。口では言わないが、きっと「今日はやりたくないな」と一度は思ったこともある子もいたのかもしれない。でも「最後」を迎えた時には「次」はもうないのだ。

中3の授業はあと残り何回だろうか…
と考えるだけで、最近は涙がちょちょぎれそうなセンチな気分の2018年、冬。

小学生や中1、中2にとっては、「今年最後」。
中3にとっては「人生最後」の冬期講座がいよいよ始まろうとしている。
逆を考えれば、「人生最初」の冬期講座だと言う子もいるのだろう。

それぞれが、それぞれ、夢現塾での「最初」の、または「最後」の冬期講座を最高に楽しんでほしい。
1分1秒を思いっきり楽しもう。思いっきり学ぼう。そして、思いっきり「夢現塾」を感じよう。

1790619141-400x266
戻る
カレンダー
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.