夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

質問 (高)

2017.09.11

先週、夢現塾を卒業した高校生から、幸田校に電話がかかってきた。

「すみません。高校数学の質問があるんですけど…。高校の数学の先生から、塾や予備校の先生など、誰に聞いてでも良いから解けるようにと言われて…。明日、先生時間ありますか?」

残念ながら僕の翌日の予定は六名校であった。

そのことを話すと翌日、幸田校出身の卒業生2人が、遠路はるばる六名校までやってきた。

 

教室に入るなり、2人は質問を机に広げた。

想像以上の問題量が、何の前触れもなくそこに現れた。

「まさかこれ全部?」

その問題数に一瞬ひるんだ僕は、「紙と鉛筆持ってくるよ。」と言い、事務室へと向かうため教室を出た。

歩きながら、“高校教師からの挑戦状”に心の準備をした…。

尖らせた鉛筆2本と紙を何枚か持ち、その子達の前に座った。

 

そこからは、大量の質問を次々に解いていった。

止まることのない鉛筆。理解を確認しながら解説をしていった。

「おーっ!!」っという2つの小さな歓声が、3人だけの教室に静かに何度も響き渡った…。

しまった!外で自習している現塾生達にも、この歓声を聞かせたかった…。教室の扉をさりげなく開けておくべきであった…(苦笑)。

そしてこの2人の卒業生達は、なぜ僕が『夢現塾のガリレオ(自称)』と呼ばれているのかを、肌で感じたことであろう…。

 

 

僕は、子ども達の質問や相談を数多く受ける。

『数学』や『理科』だけにとどまらず、期末テスト前には『美術』や『技術』なども必ず質問がくる。

『高校入試の面接』や、『生徒会役員の立候補演説』などでのアドバイスを求められることも多い。

1つだけ即答できなかったのは、卒業生が『就職の相談』に来た時である。1週間ほど時間をもらい、その子が持ってきた30社以上の企業リストを持ち帰り、全ての企業を調べ、レポートにまとめた。

 

僕は思う。

子ども達が質問や相談にやってくるのは、僕らを信頼してくれているからである。

それに応えるのが『いい大人』であり、子どもが想像している以上の対応をするのが『かっこいい大人』ではないだろうか。

僕は『かっこいい大人』を目指し、今日も質問に答え続ける。

疑問
戻る
カレンダー
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-10
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.