夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

新着情報特別講座

新着情報特別講座

新着情報特別講座

【重要】現中2生からの新しい入試制度について

2021.09.14

 カテゴリー:高校入試情報

大きな大きな変更となっています!

1 一般選抜における校内順位の決定方式について

(1) 調査書の評定得点と学力検査合計得点による「A」、「B」の区分は、行わな い。

一般選抜における校内順位の決定においては、調査書の評定得点と学力検査合計得点の累積人数がともに各高等学校の定める基準人数内にある者を「A」 、それ以外の者を「B」とし、校内順位の決定は「A」 、「B」の順で行っている。このような「A」と「B」の区分は、実質的に受検生の合否に影響がなく、また、より分かりやすい制度とするため、新制度では行わないこととした。

(2) 調査書の評定得点と学力検査合計得点の比率は、現行のⅠ、Ⅱ、Ⅲの3通りの方式に、新たに評定得点を2倍する方式及び学力検査合計得点を2倍する方式を加えて5通りとし、各高等学校があらかじめ選択する。

校内順位を決定する際に、各高等学校が選択して用いている評定得点と学力検査合計得点の比率については、現行のⅠ 、Ⅱ 、Ⅲの3通りの方式に加えて、「評定得点を2倍」する方式と「学力検査合計得点を2倍」する方式を新たに設けて5通りとし、各高等学校・学科の特色をより生かすことができるようにした。

要は以下のようになります。

Ⅰ (評定得点90点)+(学力検査得点110点)=自己得点/200点満点 ※評定得点割合45.0%

Ⅱ [(評定得点90点)×1.5]+(学力検査得点110点)=自己得点/245点満点 ※評定得点割合55.1%

Ⅲ (評定得点90点)+ [(学力検査得点110点)×1.5]=自己得点/255点満点 ※評定得点割合35.3%

Ⅳ [(評定得点90点)×2.0]+(学力検査得点110点)=自己得点/290点満点 ※評定得点割合62.1%

Ⅴ (評定得点90点)+ [(学力検査得点110点)×2.0]=自己得点/310点満点 ※評定得点割合29.0%

(3) その他の事項は、現行どおりとする。

検討会議のまとめでは、一般選抜において2校に志願できることは現行どおりとしつつ学力検査は1回とすること、一般選抜の面接の有無は各高等学校の裁量とすること、一般選抜における校内順位の決定方式は各高等学校・学科の特色がより生かせるようにすること、一般選抜の合格者発表日は現行よりも早めるよう努めること、推薦選抜は一般選抜よりも早い時期に実施すること、新たに「特色選抜」を設けること等が示された。これらのうち、一般選抜における校内順位の決定方式と特色選抜等については、具体的な内容を定める必要があるため、今年度、諮問することとした。

 

2 特色選抜について

(1) この選抜を実施することのできる高等学校・学科及びこの選抜に出願することのできる者は、次のとおりとする。

ア 農業、工業、商業、水産、家庭、看護及び福祉に関する学科

当該高等学校・学科の特色ある教育内容を理解し、その教育内容に関連する明確な進路目標と当該高等学校・学科で学習する強い意欲を有する者

イ 理数、体育、外国語、国際教養に関する学科及び総合学科並びにコースを設置する若しくは特色ある教育課程を有する普通科
自然科学、人文・社会科学、スポーツなど特定の分野で優れた能力と顕著な実績を有する者

ウ 地域に根差し、地域貢献を特色とする高等学校

当該高等学校で学習する強い意欲と地域社会に貢献する意志を有する者

(2) この選抜の実施の有無は、当該高等学校長が決定する。

(3) この選抜の実施時期は、一般選抜よりも早い時期に実施する推薦選抜と同じとし、各高等学校の実情に応じて1日又は連続する2日間で実施する。

(4) この選抜と推薦選抜は、併願できないこととする。

(5) この選抜の定員は、推薦選抜とは別とし、当該高等学校・学科の募集人員の20%程度までを上限に、当該高等学校長が実情に応じて具体的な人数の枠を定める。

特色選抜の定員枠は、当該高等学校・学科の募集人員の20%程度までを上限とし、その範囲で、実施校が実情に応じて「○人程度まで」というように具体的な人数の上限を定めることとした。また、  推薦選抜は現行どおり全校・全学科で実施し、定員枠(合格者数)も現行どおりとすることを踏まえ、一部の高等学校・学科で実施する特色選抜の定員枠は、推薦選抜とは別にすることとした。

(6) この選抜の入学検査は、面接を必須とし、これに加え、各高等学校・学科の実情に応じて、作文、基礎学力検査、プレゼンテーション、実技検査から一つを当該高等学校長が選択して実施する。なお、面接の方法や日程等、面接の実施に関する必要な事項は、当該高等学校長が定める。ただし 「自己の特性などを1分間程度で答えさせる質問」及び「 グループ討議 」は行わないこととする。これらを行わないことについては 、推薦選抜及び一般選抜も同様とする。また、実技検査の内容は、現行で行われているものとする (音楽科及び美 術科で行われているものは除く 。)

特色選抜における面接の方法等は、実施校で定めることとした。ただし、新制度では、特色選抜、推薦選抜ともに一般選抜とは別日程で早い時期に実施することから、現行に比べて受検生一人当たりの面接時間を確保することができる。そのため、現行の推薦選抜で行っている「自己の特性などを1分間程度で答えさせる質問」は、新制度では、推薦選抜を含めて行わないこととした。

(7) この選抜の出願に当たっては 「入学願書」、 「調査書」等の一般選抜の出願に要する書類に加えて 、「志望理由書」を志願先の高等学校長に提出する。

特色選抜の出願書類は、「 入学願書」と「調査書」に加え 「志望理由書」を提出することとした。受検生本人が受検する高等学校や学科で学びたい意欲などを「志望理由書」に記載し、その内容を踏まえて面接を行うことで、より有効な選抜資料を得ることが可能となる。

 

3 その他の選抜

(1) 推薦選抜について

ア この選抜を全ての高等学校・学科において実施すること及び合格者数は、現行どおりとする。

イ 上記2(1)アに伴い、推薦は農業科と水産科のいわゆる後継者推薦のみとする。

(2) 全日制単位制高等学校にかかる入学者選抜について

ア この選抜の実施時期は、一般選抜よりも早い時期に実施する推薦選抜と同じとする。

イ この選抜と特色選抜及び推薦選抜は、併願できないこととする。

ウ この選抜の学力検査は、基礎学力検査とする。

エ その他の事項は、令和2年度の本協議会議のまとめのとおりとする。

令和4(2022)年度から全日制単位制に改編する県立守山高校と県立幸田高校において、不登校経験のある生徒を対象として実施する「全日制単位制高等学校にかかる入学者選抜は、不登校経験のある生徒の状況等に配慮し、新制度では、早期化される推薦選抜と同じ日に実施するとともに、学力検査は「基礎学力検査」とした。また、全日制単位制選抜と特色選抜・推薦選抜は、併願できないことした。

(3) 外国人生徒及び中国帰国生徒等にかかる入学者選抜について

ア この選抜の実施時期は、一般選抜よりも早い時期に実施する推薦選抜と同じとする。

イ この選抜と特色選抜及び全日制単位制高等学校にかかる入学者選抜は、併願できないこととする。

ウ その他の事項は、現行どおりとする。

4 実施時期

新しい入学者選抜制度の実施時期は、1から3までを含め、令和5年度入学者選抜からとする。

当初の予定どおり、現在の中学校2年生が受検する令和5年度入学者選抜から、新しい制度により実施することとした。

 

詳細はこちらをどうぞ。

愛知県公立高等学校入学者選抜方法協議会議(令和3年度第2回)の結果について

 
戻る
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.(x)