夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

アーリンの進化論(加)

2016.07.09

私には、昔からあだ名がたくさんある。 夢現塾内では、「あーりん」が主流だが、友人たちの間では「ありピー」が主流である。

小学校1年生の時からなぜか、柿ピーの仲間にされ始め、

img57689103

男女問わず、家族でさえ「ありピー」と呼ばれていた。
そして「ありピー」が徐々になまり、“ピー”の部分が進化していく。 ありピー」→「ありペイ」→「ありペソ」→「ありペ

(柿ピーの仲間→波平さんの仲間→フィリピン通貨の仲間→加藤茶の仲間へ。)

 

そういえば、昔のアルバイト先では「クソピー」の時もあった。(イジメられていたわけではありません)

とうとう、お腹を下した時の表現の仲間入りまで果たした。

 

そして現在。

「ありピー」は進化を終え、ほとんどの友人は私を「ありさ」「ありちゃん」と呼ぶ。

もはや“ピー”の部分は完全に後退してしまった。

十数年かけて、「ありピー」から「ありさ」「ありちゃん」へと進化を遂げたあだ名。

 

今、夢現塾でも同じ現象が起こりつつある。

「加納先生」はもちろんだが、男女問わずやはり多いのは「あーりん」。

しかし、先ほども書いたように、あだ名は“進化”する。 夢現塾に入社して、4年。最近では「あーりん」→「アーリア人」→「アレキサンダー」→「アレク」。

なぜかどんどん外国人化しているのだ。

ちなみに、一番最近呼ばれたのは「ダンブルドア先生」であった…

20100805023748

理由は私の後ろ姿が、ダンブルドア先生(ハリーポッターの登場人物、ハリーが通うホグワーツ魔法魔術学校の校長)に似ているからだそうで…

 

さらに最近少し日焼けをしたため、「肌がダンボールの色をしている」と冗談で発言すると、その瞬間に 「ダンブルドア先生」から「ダンボールドア先生」へと、うまく進化してしまった(笑)

 

来年、再来年、いや、来週、再来週、「あーりん」というあだ名が今後どんな風に進化していくのかが楽しみである。 あだ名と同時に、「あーりん」という私自身も進化を続けてみせよう!

そして、この夏の夏期講習で、大切な夢現塾生の進化はもっともっと楽しみである。
戻る
カレンダー
2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.(x)