夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

フォトジェニック(加)

2017.12.02

今も昔も変わらないのは、学生たちのクリエイター精神。

 

「無駄な物は持ってきてはいけない」

 

という縛られた環境の中でこそ働く知恵。

小中学生は、創造力の塊だ。

 

いかに「持ってきていい物」で自分が楽しめる物を生み出せるかを考え、創作することで、学校の休み時間、塾の休憩時間を自分なりの楽園を創り出す。

 

そんな小中学生の生み出した物の中でトップを譲らない物と言えば、今も昔も間違いなく「ねり消し」であろうか。

 

消しゴムのカスを定規や下敷きで、ひたすらにこねてこねてこねまくる作業を繰り返し完成する「ねり消し。腕に感じる疲れには動じず、休憩時間中は決して手を止めない、最高のねり具合だけを求め、ひたすらに手を動かす若手職人たち。 「ねり消し」とは、まさにそんな彼らの忍耐力の賜物だ。

 

より粘度が強い物を作りあげた者は、たちまちクラスのヒーローになれるのだ。

 

中にはヒーローになるため、より頭をひねり、 色鉛筆の粉を入れてカラフルなねり消しを作り上げる者、スティックのりの破片を加え、より強い粘り気を求める者も現れた。

 

そんな沢山のクリエイターたちが集う学校、そして塾。

最近は文房具もおしゃれになり、持っているもの全てが高センスだ。

そんな高センスな環境に、もともと備えている創造力を活かした作品が完成したようで、

「これすごくないですか〜?」

と私の目の前に、一つの水筒を差し出す、女子中学生たち。

image1

なんと練り消しで書体が作られている。

しかもなぜか、おしゃれなのだ。

最近流行りの「インスタ映え」しそうということで、私もInstagramで加工をしてみた。

image6

うん。

まさにインスタ映え。なんてフォトジェニックなんだろうか。

 

練り消しと水筒のコラボレーションがこんなにおしゃれになるとは、驚きだ。

 

これまた流行りの「ハッシュタグ」はもちろん

 

#水筒

#ねり消しとのコラボ

#mugen

#夢現塾

#洗えない

#クリエイター精神爆発

 

だろうか(笑)

 

無駄な物は持ってきていない。

ただ消しゴムと水筒を持ってきただけなのだ。

 

学生たちの忍耐力や集中力、創造力は侮れない。一度熱中すれば、何でも生み出すことができる。

つまり、その有り余るほどの能力を学問に活かせば、とんでもない力を発揮するかもしれない…

クリエイティブな学生諸君、勉強も「集中」するのではなく、「熱中」してはいかがだろうか(笑)
戻る
カレンダー
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.(x)