夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

強く強く(目)

2017.04.17

学生時代からの学習塾教師生活も、今年で28年目となった。ここ10年くらい特に思うことは、子供たちがすぐに泣いてしまうということだ。漢字や英語の小テストの点数のことで、少し叱ると、ワンワンと泣きだす。そして、止まらなくなるのだ。僕のようなおっさん教師にあまり叱られた経験がないのだろう。小5生ならまだしも、たまに、中3生の男子でも、そう感じることがある。驚くぐらいに泣くのだ。「おいっ!もう、泣くな!」と、さらに叱ったことも数知れない。なんか心配になってしまう。

僕も小さいころから、よーく叱られてきたけれど、心の中にずっと思っていたことがある。

「泣いたらカッコ悪い」という思いだ。単なるカッコつけである。仲間も見ているし、大好きな女の子も見ている。泣いてしまったら、恥ずかしい思いをするという感覚が妙に強かった。これは僕だけではないだろう。年齢が近い方々は、同じような思いをしてきたと思う。周りにワンワン泣く子もいないわけではなかったが、皆が本気では付き合ってくれなくなるんだ。あの子はすぐに泣いちゃうから…と。

お互いが、もう少し我慢して過ごしてきたことが多かったと思う。そういう意味では、今の子供たちは少々気の毒な気がする。とにかく、あまり叱られてきていない。体罰がどうのこうのというような理由で、叩かれても、殴られてもいない。提出物を出さなくても、口頭注意。イタズラしても、口頭注意。喧嘩しても、口頭注意。けっこうな悪さをしても、口頭注意。

さらには、先生が、理由をいろいろと説明してくれる。そんなこと、本当は子供たちもわかっているんだが。先生も優しく、先輩との上下関係もほとんどなく、下手すると、親子関係も厳しくない場合がある。だから、泣く。ワンワン泣く。泣けば許されると思うのか、叱られてかわいそうな自分を守る防衛手段なのか…。このままだと、社会に出てもワンワン泣くのかな?周りが、ヨシヨシと言ってくれるのを待っているのかな?心配で仕方がない。

逆に、叱られ慣れている子もいる。叱ると、妙に反省した顔をする。「申し訳ありません。次は絶対に頑張ります!」元気よく、申し訳なさもアピールできる。翌週は大丈夫だが、またその翌週には同じことを繰り返す。決して良いことではないが、こっちの方がなんだか安心してしまう(笑)子供たちには、いろいろなことを経験して、強く強くなってほしい。

人としてやってはいけないこと、怠けていることには、ちゃんと叱れる教師でありたい。

僕の小さかった頃の人気CMがある。お父さん、お母さん世代の方は覚えていらっしゃるのではないか。

「わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい。丸大ボンレスハム。」

素晴らしいCMだと、今も心に残っている。

追伸

「ママの手は、魔法の手~。何でもできちゃう不思議な手~。どうして上手にできるのかな?ママ、ママ、 ママの手は、魔法の手~。」のCMも良かったな。何か幸せな気分になるものだった。





 

 

 

 

 

 
戻る
カレンダー
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.(x)