夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

方言(渡)

2017.04.14

僕は愛知県出身ではない。大都会「東京」に生を受け、本来なら標準語を流ちょうに操る大人になっていたはずが、標準語教育を受けることなくその地を離れ、基礎言語として身についたのは「土佐弁」であった。

「日本の夜明けぜよ」

土佐弁といえば上記のセリフに代表される坂本龍馬のイメージ(もしくは南野陽子演じる2代目スケバン刑事)が強いようで、語尾に「ぜよ」をつけることを期待されるが、残念ながら「ぜよ」は古い土佐弁であり、僕は実生活で使ったことも聞いたこともない。

「じゃん・だら・りん」

三河弁を代表する表現だ。生徒たちに聞くと、「りん」は使わないよ、という生徒はちらほらいたものの、3つとも実生活の中でかなりの頻度で使われているようだ。

「すごいだらー。やってみりん。」

「??? は?」

「あれ何て書いちゅうが?」

「??? 何それ?」

大学生時代に友達になった三河弁マスターとの初期段階の会話だ。お互いの不思議で意味不明な方言に対する突っ込み合いをきっかけに、親密度が増したものだった。

進学やクラス替えで、まだ話したこともないクラスメートがいるだろう。中には、人見知りで自分から話すのが苦手な子もいるかもしれない。話すのが好きな子は、積極的に話しかけてみよう。ひょっとすると将来の大親友となる人がすぐ隣にいるかも。そして意外な地域の方言マスターが潜んでいるかもね。

方言
戻る
カレンダー
2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.(x)