夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

想像力(渡)

2016.11.02

「標高940mにあるこの鉄塔は61mで、ロープウェイの鉄塔の高さとしては、日本一であり・・・」

 

おそらくこのようなアナウンスが流れていたと思うが、そのようなアピールをしなくても十分高いことは見れば分かる。ここは三重県の御在所ロープウェイのゴンドラの中。「山頂の紅葉がすばらしい」という謳い文句に心を奪われ、2泊3日の旅行の締めくくりとしてこの場所を選んだことを、ただただ後悔していた。

 

以前の日報に書いたが、僕は高所恐怖症である。それでも今までロープウェイで「怖い」と思ったことはなかった。が、ここは違った。キレのある角度、高さ、そして年季の入ったゴンドラと恐怖をあおる3拍子が揃っていた。スタートして15秒ほどでギブアップである。「『15分間』の空中遊泳をお楽しみください」おそらくこのようなアナウンスが流れていたと思う。

 

ある人は言うだろう。「高所恐怖症なら、目を閉じればいいじゃないか。」と。

 

そういう問題ではないのだ。余計な想像をしてしまうのだ。「ここでロープウェイが止まったら」から始まり、「ゴンドラの扉がいきなり開いたら」「ロープが切れたら」の基本から、「あの鉄塔を作った人たちは命綱をつけていたのか」「じゃあスカイツリーを作った人は…」などなどの応用まで、高さと恐怖を結びつけるさまざまな想像をしてしまうのだ。

 

この余計な想像力のことを授業で話すと、高所恐怖症の生徒たちが共感してくれたことにはさすがにうれしかった。

 

せっかくの想像力をもっと必要な場面で働かせたいと思いつつも、この余計な想像力は、実は必要な場面での想像力の源となっているのかもしれない、と思ったりもする。

 

前日に行ったアドベンチャーワールドでパンダに癒されながらも、パンダの目の黒い部分が上や下にずれていたらかわいいのだろうか・・・と、黒い部分を微妙にずらしたパンダを想像していたことは間違いなく余計であろうが。

%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%80
戻る
カレンダー
2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.(x)