夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

とある心理(渡)

2020.09.12

NEW
先日の台風10号、発生時から気象庁が再三にわたり厳重な警戒を促す発表を繰り返していた。ニュースやワイドショーなど、各メディアでもいつも以上に報道され、台風進路に近い実家のことも気になり、緊張感が高まる数日であった。

 

ここ数年、災害への備えに関する報道、情報量が多くなっている。また、なるべく早く、そして可能性が低くても万が一に対する危機意識を高めようとする傾向を強く感じる。近年の急激な気象変化が原因の1つだろうが、人間の心理面へのアプローチもあるのだと思う。

 

「正常性バイアス」

心理学用語で、「自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりしてしまう特性」のことだ。そもそも人間の心は予期しない変化や新しい出来事にある程度「鈍感(どんかん)」であるという。ことあるごとに過剰な反応をして心身が疲弊しないための仕組みらしい。

 

大きな災害が起きても自分は当事者じゃないと鈍感になり、避難が遅れるケースがあるという。スマホでの撮影に夢中になり、すぐそばまで迫った危機に気付かずに危険な目にあうといったことも増えているそうだ。

 

そういえば10年ほど前、家でパソコン作業中にカミナリが家のすぐそばに落ち、ルーターから白い煙が出たのと同時にパソコンが壊れるという漫画のような経験をした。家の中なら大丈夫だろうという「正常性バイアス」がはたらいていたのは間違いない。

 

人間のもともとの仕組みが「鈍感」であるなら、やはり「敏感(びんかん)」になるアンテナを張る必要がある。誰かがほめられる、注意される、怒られる・・・。こういう時に他人ごとではなく、自分はどうなんだと意識することが必要な場面があるはず。僕ら教師は一人に声をかけながらも他の生徒がどのような反応をしているかを見ていることが多い。真剣なまなざしの生徒、相づちを打つ生徒、そういった生徒はやはり通知表の数字が良い傾向にある。

 

「鈍感」かつ「敏感」に。

戻る
カレンダー
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.