夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

・・・だもんで(宮)

2020.05.16

NEW
先日妻と二人で書店に出かけたところ、妻が面白そうな本を見つけた。



ご存じの通り(って知らないと思うが)、僕は豊橋市出身である。

愛する故郷が、なんとマンガ化(?)されているではないか!!

作者の佐野妙氏は豊橋出身・在住の方で、しかも僕と同じ年齢。

普段マンガはそれほど読まないのだが、これは読まねば!ということで、読んでみることにした・・・。

 

あまりネタバレはできないが、高校生の主人公が豊橋に引っ越してきて、様々なカルチャーショックを受ける様子を、面白おかしくマンガにしたものである。

このマンガにも描かれているが、このあたりの方言を一言に「三河弁」(通称:じゃん・だら・りん)というが、意外と岡崎(西三河)と豊橋(東三河)では異なり、通じない言葉もあったりする。

特に豊橋では「ど」を多用し(※どんな言葉にも使える便利な強調語)、「それ、どいいじゃん!」(とても良いですね)や、「今日の仕事どえらいわ~」(とても大変です)など、西三河ではあまり使われない言い回しも多い。

西と東の両方の「三河」を知る僕にとっては、「あるある」の連続だった。

また、八丁味噌をはじめとする豆味噌や、米味噌・麦味噌の日本の生産量の割合など、「へ~」となる知識がいくつもあった。

 

そんな方言だが、僕が個人的にいつも気になるのが、地元民(愛知県民)以外の人が「岡崎」を発音するとき、「か」にアクセントがつき、「おざき」と言うことが多い。

地元民は「お」にアクセントで、「かざき」と発音する。これがネイティヴだ(笑)

テレビで岡崎が紹介されるとき、「かざき」と言っているの人がいると、お!この人分かってるね~と、思わずニヤニヤしてしまう。

同様に「三河」、「安城」、「西尾」の発音の仕方(アクセント)で、地元民かどうかを判断できる。

 

また、アナウンサーや俳優、声優などの世界では、愛知県出身の人は訛り(方言)が抜けづらいと言われているそうだ。

理由は・・・

「自分は標準語だ」と思っているから(笑)

いやいや夢現塾生のみなさんも、めちゃめちゃ(安田先生風)訛ってますからね~。

「みんなも訛っとるもんで、標準語だと思とったらいかんで、気をつけりんね!」

(みんなも訛っているから、標準語だと思っていたらいけないので、気をつけてね!)



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
戻る
カレンダー
2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.