夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

キャラクター (高)

2019.09.10

NEW
『キャラクター』
辞書には
①小説・劇・映画などの登場人物。
②性格。人格。その人の持ち味。
と記載されている。
僕はこの②の意味合いでの『キャラクター(通称:キャラ)』が好きではない。

もちろん、人それぞれに性格はある。
しかしそれを『キャラ』という言葉を使い、性格を固定してしまうことはいかがなものかと感じている。
「僕は表に出るキャラじゃないので…。」
「それは私のキャラじゃないです…。」
暗いキャラクターの人でも、明るく振舞わなければならない時もある。
無口なキャラクターの人でも、意見を言わねばならない時もある。
やる気のなさそうなキャラクターの人でも、やる気を見せなくてはいけない時がある。

「この行動は自分のキャラクターではない。」という言葉は、自分の新たな可能性を消してしまっているのではないかと、僕は思っている。
性格なんて、人格なんて、その人の持ち味なんて、状況や場面によって変わるものである。
だって友人といる時、仲間といる時、家族といる時、自然とキャラクターは変わっているのではなかろうか?
この状況では明るく、この状況では積極的に、この状況では真面目にと…。

僕は子ども達に、たくさんの可能性を持たせてやりたいと思っている。
そう、あえて言うなら『状況に応じてキャラクターを変え、人生を楽しめるキャラクター』になってもらいたいと願っている。
大事なのは『いつもの自分ならやらないけど、やってみようかな。』という一歩踏み出す勇気。
その“勇気の瞬発力”が、今後の人生を大きく変える力になるのではなかろうか。

追伸:僕は目立つことが嫌いである。
しかし卒業パーティーや社員旅行や年賀状等では、盛り上げるために勇気を持って一歩踏み出している。
そう、あまりにも踏み出しすぎて『目立つことが好き』と勘違いされている方もいるのではないだろうか…。
それは違う。僕の行動は、周りを喜ばせるため、周りを笑わせるため…。
『目立ちたくないキャラクターがなんだ!人見知りがなんだ!忍者だろうがブルゾンだろうがやってやる!』
この日報を読んでいる、塾生諸君。
こういう自分の“枠”から出た勇気ある行動を、世の中では『粋』って言うんだぜ。

戻る
カレンダー
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.