夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

May God bless you.(安)

2019.04.13

NEW
先日の岡田先生のブログ。

タイトルにあった言葉、”Bless you”

これは僕が英語の授業内でよく使うフレーズのうちの一つだ。

 

初めて使った時は「え?何?何?何?」と困惑していた生徒たちも、今ではナチュラルに聞きいれ、使うことさえもある。卒業生は、学校で誰が一番にbless youを言うか競っていたそうだ。(笑)

 

ご存知の方も多いかもしれないが、Bless youとはくしゃみをした人にかける言葉で「お大事に」の意味だ。また、これは不完全な文でもある。

 

元々は、”May God bless you.”だ。

 

つまり、一般的に使われている”Bless you.”は「~なりますように」といった祈祷文を表すMayと主語であるGod が省略されている。

 

調べてみると時が経つにつれて、だんだん省略されるようになったようだ。(諸説あり)

そして、”May God bless you.”を直訳すると、「神のご加護がありますように」となる。

そんなに仰々しくしなくてもいいのではないかと、僕は思ってしまう。くしゃみをしただけでそこまで?と思うのは自然ではないだろうか。もし、風邪をひいているのであれば、「お大事に」と声をかけても、「神のご加護がありますように」とまでは思わない。しかも、日本でくしゃみをしても「お大事に」と声をかけること自体滅多にないだろう。よっぽど、ひどいくしゃみであれば話は別だが。

 

話を戻して、くしゃみをした人に向けて(May God) bless you.と言う理由は、大昔英語圏で信じられていたある迷信が関係している。

 

いくつかあるようだが有名なのは、「くしゃみをすることによって魂が抜けてしまい悪魔に体を乗っ取られる」というもの。

 

これが本当かどうかは定かではないが、そう信じられていたそうだ。日本の「どこかで噂されている」という迷信がかわいく聞こえる。(笑)

 

 

もし、本当にくしゃみをして魂が抜けてしまうのであれば、僕もぜひとも神に守ってもらいたいものだ。

 

このブログを書き始めてから今の時点で8回はくしゃみをした。

 

Help me, God!!!!!!!

ダウンロード

※ちなみに交通公共機関でくしゃみをすると、全く知らない人からBless youと声をかけられます。

その時には、Thank youと返事をしてください。ナチュラルなコミュニケーションが取れるでしょう!

海外に行った際にはぜひご活用ください。

 
戻る
カレンダー
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.