夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

行け!麺(イケメン)ツアー2 (麺)

2019.03.22

どうも。吾輩は夢現塾の麺王である。

正体は明かさずにしておこう。

さて日報読者の名探偵諸君、吾輩の正体がわかるかな?

正体がわかった者は、吾輩に直接言ってくるがよい!

賞品としてTポイント(正式名称:高〇ポイント)を5ポイント差し上げよう!!

なに?そのポイントが貯まると何と交換できるかって?

1億ポイント貯めると、なんと『ディズニーランドのパスポートを購入できる権利』と交換できるのだっ!!

名探偵諸君。ポイント集めに励みたまえ!

 

あれは仕事が終わって夜の11時50分。

そう、魔法が解けてしまうことをまだ知らないシンデレラが、パーティーで王子様と踊っている時刻である。

吾輩の車は高速道路を走っていた。

助手席には髙須先生、後部座席には安田先生。

目的地は名古屋のラーメン屋。しかし吾輩以外の2人は、どこのラーメン屋にいくのかは知らない。

移動時間は1時間ほどではあるが、話をしていたらあっという間に名古屋に到着したのであった。

 

1軒目は名古屋駅から車で数分のラーメン屋。

過去に安田先生と来たことのある店である。

「何件でもお付き合いしますよ!」

と意気込む髙須先生。

しかし、いきなり3件をはしごラーメンする、吾輩が言うところの“レギュラーコース”はまだ早い。

これは体が…、もとい、胃が出来上がってないと、食べた後にかなりのダメージが残る。

ラーメンが好きでたくさん食べたのに、今後はしばらくラーメンを食べたくない気分となってしまう、まさに“諸刃の剣”となる。

ここは吾輩も無茶はさせられない。(前回の渡辺先生には無茶をさせてしまったが…。)

本日のラーメン巡礼ツアーは、2件のはしごラーメンを予定していた。

吾輩と安田先生の注文は『玉子とじラーメン』。 髙須先生は『玉子とじ担々麵』。

「うわ~。唐揚げとライスも食べたいです。」

と言い出す、初心者の髙須先生。

ラーメンをナメてはいけない。ラーメンでしていいのは、すすることだけだ!!

そんな髙須先生も初の玉子とじラーメンを1口食べて、大満足の模様。

「やっぱり、唐揚げとライスも食べたかったです。」

…そんなに何度も言うなら、また来るとしよう。

2019-03-13 00.34.48

 

そして食べ終わると一息つく間もなく店を出て、車に乗り込み次なる店へ。

「次はどんなジャンルのラーメンですか?」

と聞いてくるのは、ツアー慣れしている安田先生。

2人を驚かせるため、本当は名古屋駅近郊の別の店に向かった。

名古屋&三河で無数のラーメン店で多種のラーメンを食べてきた吾輩、ご存じ“麺王”。

その吾輩が若かりし頃、そうまだ“麺の王子様”と言われていた頃。

一人でその店に向かったが、どうしても見つからず断念した店であった。

そして麺王となり、再挑戦した今回。

2人を連れて、意気揚々と行ってみるも閉店…。

急遽、別の店を探すことになった…。

 

しかし慌てないのが吾輩である。

代わりの店など、頭の中に山のように知識が入っておるわい!!

そしてラーメン店がひしめく激戦区、別名『麺王のホームグラウンド』へとやってきた。

2軒目は名古屋の繁華街にあるラーメン屋。

2人を驚かせるために、一風変わった店へ。

もうこの際、味はどうでもよい!!店内の見た目でビビらせてやれ!!(麺王が言うことか!?)

ということで、内装がピンクを基調とした落ち着かないラーメン屋へ。

吾輩は2度来店済み。

芸能人のサインと若者たちがひしめく店内。

我々は『味噌ラーメン』を3つ注文。

ド派手な店長、周囲の雰囲気、それでいて普通のラーメンに、2人とも面食らっていた(麺食らっていた)。

こうして我々の『行け!麺(イケメン)ツアー2(通)』は、幕を閉じた。

「2杯は余裕ですね」と、ツアーのたびに成長していく、まだまだ元気な安田弦生(げんき)先生。

 

今回のツアーの狙い。それは、2men(トゥーメン)と、2麺(トゥーメン)を食べること。

 

このラーメンツアーで見つけたもの。

それは髙須先生の、1件目でサイドメニューを何度も注文しようとしていた貪欲さでも、翌日「2軒目は店のインパクトはありましたけど、味はいまいちでした」と言ってきた正直さでもない。

終始、我々を笑顔にさせてくれる“髙須先生の明るさ”と、ラーメンのスープより熱い“夢現塾への情熱”であった。

2019-03-13 01.21.59

 
戻る
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.