夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

天の声(加)

2018.10.31

NEW
青い海、青い空、白い砂。そして遠くには青々とした島…

私は石垣島にバカンスに来ていた。

 

今回の旅の目的の1つは

『満点の星空と天の川を見ること』

 

「10月下旬までは天の川を観測でき、満点の星空を見ることができます。」

という謳い文句に飛びつき、星空鑑賞ならここが一番良さそう!というホテルを迷わず予約。

空港にも、フェリー乗り場にも、どこもかしこも「満点の星空」というタイトルと共に、美しい星空を眺める家族のポスターが貼ってあった。

 

本来であれば、旅行後にはきっとこの日報でその星空の美しさを伝えていたはずなのだろう。

そしてあわよくば流れ星が見られれば、「みんなの夢が現実になりますように」と願い事をかけておいたよ、みたいなカッコいいことも言えたのかもしれない。

 

しかし、秋風に凍えながらビーチのリクライニングチェアで星空を眺めている私の頭には、ずっとこの言葉がこだましていた。

「星を見るならちゃんと月齢を確認していかないといけないですよ」

旅行前の宮下先生からの助言だった。

 

月が明るすぎると星は見えない、ましてや、満月なんてなおさら明るい。

そんなこととは気にもとめず、

「島=暗い=満点の星空&天の川&流れ星」という脳内お花畑状態で、予定を組んだ私は完全にやってしまった。

 

岡崎よりも星が少ない夜空を眺めながら、私は明るく照らす月にではなく、自分のリサーチ不足さを恨んだ。

 

隣に座って夜空を眺めていたおばちゃん3人組も、きっと同じように満点の星空を期待してやって来たのだろう。

が、あまりの星の見えなささに、「あんたここサンゴ落ちてるでー!星の砂あるんちゃうん!」と夜空の星そっちのけで、砂浜の星に期待を寄せ始めてしまった。

 

レーザーポインターで一生懸命に説明してくれているお兄さんは、どんどん席を立ち上がって帰っていく宿泊者を目にしながら

本当はここからここに天の川がかかっているんですけど…」

本当はここに○○っていう星があるんですけど…」

本当はここに…」

「もう2週間くらい早ければ、本当は……」

本当は………」

と声もだんだんと申し訳なさそうな口調になっていってしまった。

 

そして2日目。

人気観光地「竹富島」観光の予定。

だったのだが、「今日は竹富島の人たちは島の住人総出でお祭りに参加するのでお店も一切開いてないですよー」

とフェリー乗り場で告げられた。

 

もうお解りだろう。

天の声のように響いてくるのはもちろんこの言葉。

「ちゃんと確認していかないといけないですよ」

 

ぁぁ…宮下先生、その通りでした…

 

リサーチ不足、これが私の旅行を狂わせた。

そして極めつけに「台風26号」の影響は楽しみにしていたすべてのツアーをキャンセルに追い込んだ。

 

「ちゃんと確認していかないといけないですよ」

旅行だけじゃない。勉強でもテストでも部活でも、何かするときは必ず下調べが大切だ。

どんな傾向の問題が出るのか、相手チームはどういう攻め方をするのか。

リサーチが扉を開く鍵になるときがある。

1週間の休暇を終え、心機一転、まずは期末テストの点数を取る鍵探しのためにリサーチをおこなっていこうと心に決めた休暇なのであった。

CIMG7277
戻る
カレンダー
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.