夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

ストイック君(加)

2018.07.07

授業前、誰よりも早く来る子がいる。
私の夕飯タイムに、確実に毎週やって来る子だ。

「え?今日もざる蕎麦?」
「あ、今日はパスタ」
「えー!またざる蕎麦?」
「ラーメン!!!」
「あれ、今日は麺類じゃない…!!!」

毎週、教室に入る前に事務室に「必ず」寄り、私の夕飯チェックを行う。
来るたびに、かなりの確率で麺類をすする私の姿を見ている彼からは、『麺類大好き加納先生』と呼ばれている。

しかし、今週は違った。
夕飯チェックをすっ飛ばし、おろしチキン竜田弁当を口いっぱいに頬張る私に言った第一声。

「300点いる!?!?!?」

そう、その日は先週実施されたMJテストの返却日。席順が決まる大きなテストであるため、小学生たちにとっては、大袈裟かもしれないが、運命を分けるほどのビッグイベントなのだろう。

ところで、お気づきだろうか。
ただの質問にしか聞こえないこの「300点いる!?!?!?」の一言。

これは、よく聞く
「俺何点だった?」
「90点以上はあった?」
「追試ではない?」
のような、質問とは違う。

「300点」というワードを出してくるところから、目指すところは全教科満点であり、自分はその該当者なのか…先生!どうなんだ!教えてくれよ、という確認だ。

案の定、こう切り出してくる子はテスト返しの時に、96点や98点など高得点を獲得しているにも関わらず、誰よりも落ち込んでいる。

100点以外は興味がないからだ。

「90点以上がいいな」
「追試じゃないといいな」

こう思っている人は沢山いる。いや、みんな思っているに決まっている。納得いく点数を取ることがまずは第一目標だからだ。もちろん、合格したいななどは言うまでもない。

しかし、その考えからもう1段階飛び出すことで人は大きく成長する。
「満点以外はいらない」と意気込むほどの貪欲さが、人を強くし、そして人を変える。

どんな場面でも、「〜がいいな」と思うこと、願うことはだれでも可能だ。
しかし、「~じゃなきゃだめなんだ」と自分に厳しく生きられる人こそ、何か大きなものを手にすることができるのだろう。

私の場合は2年前の体重に戻さなければならない。最近2キロ痩せたが、10キロ以外は興味がないのだ。

さあ、君たちは何を手にしなきゃならない?

613ad9f55686b7e550bdb16f40f8c323
戻る
カレンダー
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
旧ブログ
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.