夢現塾 TOPページ

お問い合わせ

0564-57-1112

0564-57-1112

Menu

夢現塾日報 blog

夢現塾日報 blog

才能?(宮)

2018.04.24

大学時代、ほんの少しだけバンドをやっていた。

今はもう手放してしまったが、20万以上するギターを、バイトをしながら20回払いのローンで買ったことが懐かしい(笑)

その当時、バンドメンバーに僕にはないうらやましい能力を持った友人がいた。

ギターのような弦楽器は、演奏する際に「チューニング」という作業がある。いわゆる「調律」である。

音感の悪い僕は、チューナーという機械なしにはとてもじゃないがチューニングすることは出来なかったが、友人はチューナー無しでもピタリと音を合わせることができた。

5弦の開放弦の「ラ(A)」を基準にしながら、瞬く間に6本の弦をチューニングしていく姿に唖然とさせられたものだ。

そう、いわゆる『絶対音感』である。

そんな『絶対音感』に、当時は憧れていた。

そして、話は先週4/20(金)の六名校でのことだ。

加納先生が携帯電話を使って、なにやら音を出している。

すると、その音を聴いた小6のO君が「ドの♯とファ」と答えているではないか!?

彼はその『絶対音感』の持ち主なのである。

加納先生も絶対音感だそうで、you tubeの『絶対音感テスト』という動画を使って、「今のはレの#だよね~」

と二人で相づちをうっている。

僕をはじめ他の6年生の子たちは、二人のその様子にただただ驚くばかり。

一音だけならまだしも(まあ僕は一音でも1つも当てられませんでしたが・・・)、二音・三音の和音もそれぞれ聞き分けられる二人は、僕にとってはもはや神の領域の人に思える(笑)

そんな二人に共通することは、幼少から(加納先生は2歳から)ピアノを始めていたこと。

そして、そのレッスンの度に、音の聴き取りテスト(トレーニング?)をしていたそうだ。

 

他人の「才能」をうらやむことはたやすい。

でも、その「才能」の裏にある「努力」を、えてして人は見落としがちだ。

O君と加納先生の、二人の努力を僕は知らない。

僕が「才能」だとうらやむ二人の「能力」は、二人が幼少時代から繰り返しテストをして、努力して身につけた能力なのだ。

その「能力」をただうらやむだけでなく、二人のその「努力」を尊敬しようではないか。

でも・・・い~な~。。。(笑)

2017-02-27

 

 

 

 

 
戻る
Where there is a will, there is a way. 意志あるところに道は開ける
ページトップ

このサイトにはPDF閲覧機能があります。ご使用のスマ―トフォン・タブレットでPDFが閲覧できない場合、「

Adobe Acrobat Reader アプリ

Adobe Acrobat Reader」をダウンロードして閲覧してください。

夢現塾 岡崎本校
岡崎市柱4丁目3番地14 
TEL:0564-57-1112
FAX:0564-58-1778
緑丘校
岡崎市緑丘3丁目8番地8山本ビル2階・3階 
TEL:0564-59-2058
FAX:0564-59-2046
六名校
岡崎市六名本町12番地15 
TEL:0564-58-1005
FAX:0564-58-1031
幸田校
額田郡幸田町大字相見字東山66番 
TEL:0564-56-8066
FAX:0564-56-8067

copyright ©夢現塾 all rights reserved.